東京都内で縄文体験!土器や復元住居に触れて縄文人気分を味わおう

近年ブームの“縄文時代”。なかなか身近には感じにくいかもしれませんが、実は東京都内に縄文時代の遺跡や文化を体験できるスポットがあるのをご存知でしょうか。今回は、東京都多摩市にある東京都埋蔵文化財センターと遺跡庭園「縄文の村」をご紹介します。

東京都内に復元された「縄文の村」

京王多摩センター駅から徒歩5分の場所にある、東京都埋蔵文化財センター 。その敷地内に当時の景観を復元したのが、遺跡庭園「縄文の村」です。


貴重な植物にも注目

5千年前の森を忠実に再現した庭園には、トチノキやクルミ、クリのほか様々な野草が植栽されています。都会ではなかなか目にすることがない貴重な植物を見ることができますよ。それらがどのように用いられていたかも丁寧に説明されており、当時の人々にとって食料や道具の材料を得るための大切な場所だったことがわかります。

土器に目が行きがちだが、ぜひ見てほしい案内板。ヒガンバナの球根からとれるでんぷんは、昔から飢饉の時の救荒食料として利用されてきたらしい。

縄文人気分で復元住居に入ってみよう

「縄文の村」には、この遺跡から発見された住居跡のうち、前期の台形住居・中期後半の円形住居・中期終末の敷石住居の3棟が復元されています。

八王子市堀之内の遺跡で発見された住居を移築したもの。社会科見学で来ている小学生と比べてみるとわかるように、結構小さい。
内部はこんな感じで薄暗い。床に石が敷かれていることから「敷石住居」と呼ばれている。
縄文の村では、実際に復元住居のなかで火焚きも行われています。夏場は暑そう…
竪穴住居跡に再現された柱。乗ってみたくなる気持ち、わかる。

社会科見学の場所としても人気のようで、平日は多くの小学生たちでにぎわっていました。自然も多くて、家族連れにもおすすめのスポットですよ。 中央広場では、不定期で縄文土器や土偶などの野焼き縄文食体験も行われているようです。本格的な体験には予約が必要とのことでしたが、気軽に縄文文化を楽しめるのが、隣接する東京都埋蔵文化センターです。

縄文文化が体験できる「東京都埋蔵文化財センター」

東京都埋蔵文化財センターには、多摩ニュータウンにあった遺跡からの出土品や、都内で発見された近世までの遺構や遺物が数多く展示されています。

ガラス越しに土器の変遷を見ることができる

気軽に楽しめる縄文文化体験コーナー

なかでも、体験コーナーは縄文土器パズル火おこし縄文ファッションなどが楽しめて子供に大人気です。

縄文土器の文様つけ&復元にチャレンジ!

縄文パズルに挑戦中の子供たち。考古学のごとく、接合に成功するか?

縄文といえばやっぱり気になるのが土器。ここでは本物の土器に触れられるほか、立体パズルで土器の接合にチャレンジする「縄文パズル」、縄目や貝殻などで文様を付けられる体験コーナーが設置。子供のみならず、大人もついつい真剣に挑戦してしまいますよ。

縄文時代の火おこし道具、舞ぎり体験も。

元祖ナチュラル系!縄文ファッションでインスタ映え?

縄文ファッション体験
よく見ると、それぞれのアイテムに『縄文良品』というタグがついている(笑)

縄文ファッションコーナーでは、オリジナル縄文服を試着することが可能。縄文人は麻やカラムシなど植物の繊維を使った布で服を作っていたとされています。当時最先端だったであろう元祖ナチュラル系ファッションを身にまとって、縄文人気分で写真を撮れば、SNS映えも間違いない!?

土器作りもできる!体験教室・イベント

もっと本格的に縄文体験してみたいという方には、イベントや体験教室がおすすめ。一度は体験してみたい縄文土器作り教室では、2日間かけて製作後、1か月乾燥し、遺跡庭園で野焼きまで行います。親子での参加のほか、一般(大人)の参加も可能とのこと。ほかにも、縄文アクセサリー作り縄文食体験など、季節ごとに様々な体験メニューが用意されています。すべて無料で参加できるというのも嬉しいところ。ぜひHPをチェックのうえ、体験してみてはいかがでしょうか。

関連記事

東京都内で縄文土器作り体験 歴史の教科書で、必ず序盤に登場する縄文土器。1万年以上前に作られたとは思えない造形美に、誰もが「どうやって作ったんだろう?」と思ったはずです。そこで今回、東京都多摩市にある東京都埋蔵文化財センターで行われ[…]

平成31年度企画展示「ひと×いきもの」も開催中

2019年3月21日(祝)~2020年3月8日(日)までは企画展「ひと×いきもの」が開催中。

東京都埋蔵文化財センター

住所:東京都多摩市落合1丁目14−2

開館時間:午前9時30分~午後5時
※11月から2月は遺跡庭園「縄文の村」のみ午後4時30分まで

休館日:年末年始
展示替えによる休館の場合有り。詳しくは公式サイトをご確認ください。


https://www.tef.or.jp/maibun/opening.jsp
最新情報をチェックしよう!