大河ドラマ『麒麟がくる』ロケ地で作品の世界観を体感しよう

2020年1月より放送の大河ドラマ「麒麟がくる」。主人公・明智光秀を演じる長谷川博己さんはじめ、豪華な出演者も話題となっています。また、撮影されるロケ地が気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、撮影が行われたとみられるスポットとともに、今後ロケ地になりそうな場所もまとめてご紹介します。

ワープステーション江戸(茨城県つくばみらい市)

大河ドラマロケ地・ワープステーション江戸
ワープステーション江戸

2019年の9月2~5日、10月13日~24日には茨城県で撮影が行われたようです。主に京の町や稲葉山城(現・岐阜城)の城下町などが賑わう様子や、合戦のシーンなどが撮影されたとのこと。

茨城県でのロケ地のひとつとみられるのは、つくばみらい市にあるワープステーション江戸。「いだてん」や「義経」「利家とまつ」など、多くの大河ドラマや時代劇の撮影に使用されています。

場内にはオープンセットが建ち並び、戦国・江戸時代中心の中近世エリアと、明治から昭和の街並みを表現した近現代エリアがあります。
そのなかでも、江戸の家並みを表現した江戸の町ゾーンやオープンセット、江戸城下を再現した江戸城ゾーンなどがロケに使用されたのではないでしょうか。

一般公開されているので、ロケ地としてだけでなく、時代考証をもとに再現された風景や建物の建築様式などを知るのにもおすすめです。

住所:茨城県つくばみらい市南太田1176
営業時間:9時30分〜16時(最終受付は15時30分まで)
定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)

https://www.warpstationedo.com/

歴史公園 えさし藤原の郷(岩手県奥州市)

大河ドラマロケ地・えさし藤原の郷

大河ドラマロケのメッカ・岩手県奥州市にあるえさし藤原の郷でも、9月17日から10月3日まで撮影が行われていました。地元市民約400人がエキストラとして参加したそうです。

大河ドラマのロケは2017年の「おんな城主 直虎」以来とのことですが、戦国時代を描いた作品が多く撮影されています。

関連記事

歴史テーマパーク「えさし藤原の郷」 歴史を体験できる歴史テーマパークとして知られる、岩手県奥州市の「歴史公園えさし藤原の郷」。奥州藤原氏初代・清衡公生誕の地、江刺にある広大な敷地には、古代から中世にかけて約120棟もの歴史的建造物が[…]

住所:岩手県奥州市江刺岩谷堂小名丸86−1
営業時間:9時30分〜17時
※冬期間11月1日~2月末日までは16:00閉園
※入園は閉園の1時間前まで
定休日:年中無休

他にも、様々な場所で撮影中!

現在も絶賛撮影中の「麒麟がくる」。全国各地で撮影が行われています。

長野県富士見町、茅野市

山梨県北杜市

栃木県塩谷町、真岡市、壬生町

実際の放送シーンとあわせて、「麒麟がくる」の世界観を感じてみてください。

関連記事

2020年の大河ドラマは、明智光秀が主人公となる「麒麟がくる」です。光秀が活躍したゆかりの地には、大河ドラマ関連スポットが続々オープン。なかでも、大河ドラマ放送期間限定で開設される大河ドラマ館には多くの観光客が見込まれます。そこで本記事で[…]

関連記事

明智光秀が接待を任された安土饗応膳 天正10(1582)年5月、武田勝頼征討の功績を讃え、 徳川家康と穴山梅雪を安土城でもてなした織田信長。5月15~17日の3日間にわたり、計4回140品もの豪華な料理をふるまったといいます。 […]

最新情報をチェックしよう!