【吉原の街を歩いてみた】今に残る遊郭の光と闇の歴史

江戸文化の発信地だった吉原

〔江戸高名会亭尽〕新吉原衣紋坂日本堤
出典:国立国会図書館デジタルコレクション

元和3(1617)年、幕府公認の遊郭として葦屋町(現在の日本橋人形町)に誕生した吉原。明暦3(1657)年に起こった明暦の大火後、浅草寺裏の日本堤へと移転しました。
江戸の繁栄とともに約300年続いた吉原は、人口約100万人という大都市・江戸のまちにおいて庶民の憧れであり、文化の発信地でもありました。その文化は今もなお注目され、特に女性から人気なのだとか。
実は管理人(♀・以下レキP)も以前から吉原には興味があり、ずっとその史跡をたどりたいと思っていました。ただ、現在もお店が営業しているため、ひとりで行くのに少々気が引けていたのです。そこで街歩きのプロ・岡田英之さんに相談してみました。

レキP
吉原の歴史に興味があるのですが、女性が史跡巡りとして新吉原を歩いても大丈夫でしょうか?
岡田さん
昼間なら気にしないで大丈夫ですよ。神社には女性の参拝客も多くいらっしゃいます。よかったら、案内しましょうか?
レキP
そうなんですか、ぜひ案内していただきたいです。よろしくお願いします!

というわけで、さっそく浅草から吉原までの史跡を案内していただくことに。

一般的に吉原といえば、浅草に移転した「新吉原」のこと。(移転前、日本橋にあったときは「元吉原」といいます)現在吉原という地名は残っていませんが、町の区画割は昔のままです。今回は、当時吉原に通う水路として栄えた山谷堀を通って新吉原までの道を案内していただきました。

山谷堀から水路跡をたどって新吉原へ

かつては北区王子の音無川を通り、隅田川に流れる水路だった山谷堀(さんやぼり)。
高度経済成長期には水質汚濁と悪臭が問題になったが、現在は公園としてきれいに整備されている。
レキP
水路跡だけに、橋の親柱が多く残っていますね。
岡田さん
そうですね。埋め立てられる前は今戸橋から日本堤橋まで9つの橋があったようです。江戸の人々にとって、この山谷堀を猪牙舟(ちょきぶね)に乗って新吉原へ向かうのが大変贅沢だったそうですよ。

堀の入り口にある今戸橋

吉原遊郭で楽しんだ男性が後ろ姿ひかれた「見返り柳」

山谷堀から吉原へ歩いていくと「吉原大門」の交差点が見えてきます。道の入り口にある柳の木が、吉原の名所として有名な見返り柳です。吉原で遊んだお客さんがこのあたりで遊郭を振り返ったことから名付けられたといいます。
ちなみに当時は山谷堀脇の土手にありましたが、この地に移され、現在は6代目とのこと。

吉原の見返り柳
レキP
男性はここで後ろ髪ひかれて振り返ったんですよね。どんな感じか、再現してもらえませんか?

きぬぎぬのうしろ髪ひく柳かな…
(やってくれてありがとうございました)

S字カーブの「五十間通り」を抜けて

そして見返り柳から、吉原の入り口である大門までの道がこの「五十間通り」です。

レキP
あれ、なんだかこの道すごくS字になってませんか?
岡田さん
そうなんです。こうやってS字カーブにすることで、外から遊郭が見えないように配慮されてるんですね。
レキP
なるほど~、実際に歩いてみるとよく分かりますね。
江戸末期の新吉原の見取り図。
当時からS字になっているのがわかりますね↑。

「大門」をくぐれば、そこは吉原の廓

道の両脇には大門跡の柱が立っている。
江戸時代は黒塗り木造のアーチ門があったという。
岡田さん
ここが吉原の入り口「大門(おおもん)」跡です。
レキP
おおっ…これがウワサの!
ということは、この先がいよいよ吉原の廓というわけですね。
岡田さん
そうです。それでは中に入ってみましょう…!

吉原大門をくぐると、中央にはメインストリートである仲の町が延びています。最盛期には約3千人もの遊女が在籍していたという吉原ですが、遊郭の周りはお歯黒ドブと呼ばれる堀で囲まれ、出入り口はこの吉原大門の一か所のみでした。
浮世絵にも、吉原大門や見返り柳などが描かれているので、照らし合わせて歩いてみると面白いですよ。

「江戸自慢三十六興 新よし原仲の町の桜」
出典:国立国会図書館デジタルコレクション
レキP
今もたくさんのお店が立ち並んでいますが、昼間であれば普通に歩いていても問題ないですね。
岡田さん
はい。昔からこの大通り沿いにあるお店が格式が高いと言われています。見取り図を見てもわかるように当時からお店がぎっしり立ちならんでいますよね。この道を進むと、七福神めぐりの神社でもある吉原神社があります。御朱印もいただけるので、行ってみましょう。

女性に人気のスピリチュアルスポット「吉原神社」

吉原にまつられていた稲荷神社を合祀して明治8年に造られた吉原神社。関東大震災後にこの地に移され、昭和10年には吉原弁財天を合祀しています。

岡田さん
吉原神社のご祭神は、稲荷神である倉稲魂命(うかのみたまのみこと)と弁天様である市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)です。技芸上達などの御利益があるといわれているので、女性の参拝客が多いんですね。

吉原神社でいただける御朱印
吉原神社では当時の吉原の様子がわかる今昔図や、ミニガイドブックも購入できます。

吉原神社から歩いてすぐのところには吉原弁財天本宮もありますので、あわせて参拝しましょう。

哀しい歴史が残る「吉原弁財天本宮(もとみや)」

境内の真ん中には大きな観音像が。関東大震災の際に逃げられずに亡くなった多くの遊女や殉難者を慰霊すべく建立されたものだそうです。また、被災して亡くなった遊女たちの姿を映した写真を見ることもでき、吉原の哀しい歴史も目の当たりに…。

一方、社殿にはイラストが描かれて華やかなイメージ。

レキP
なんだか社殿のイラストがおしゃれですね!イメージしていた感じと違いました。
岡田さん
この絵は東京芸大の学生さんたちが描いたそうですよ。社殿の中にいる弁天像をのぞいてみてください。よく見るとちょっとなまめかしいんです。
レキP
ほんとだ…ちょっとエロい…!

(※どんな姿かは、ぜひご自分の目でお確かめください。)

あわせて立ち寄りたい吉原関連スポット

遊女たちが葬られた「投込寺」(浄閑寺)

少し歩きますが、あわせて立ち寄りたいのが吉原の遊女たちの供養を行ってきた浄閑寺。安政2(1855)年の大地震の際、多くの遊女たちが投げ込み同然に葬られたことから「投込寺」として知られています。境内には総霊塔が建立され、遊女たちを偲んで髪飾りがたくさんお供えされています。

“馬力をつける”の語源!吉原グルメといえば「桜鍋」

「さくら鍋 中江」

明治38(1905)年に創業された「さくら鍋 中江」は、味噌だれを使った桜鍋元祖の店。桜鍋は滋養強壮に良いとされ、吉原には当時20軒以上もお店があったそうです。殿方はここでまさに「馬力をつけて」遊郭へ出向いたんですね。
現在の建物は関東大震災後に建てられたもので、奇跡的に戦火から逃れ、登録有形文化財にも指定されています。

吉原の歴史、その光と影を感じて

レキP
実際に歩いてみて、思った以上に町の区画が残っているのがわかりました。吉原の歴史を紹介する案内板もいたるところにありましたね。今まで少し来づらい印象がありましたが、足を運ばないとわからない吉原の歴史を感じることができました。
岡田さん
遊廓の文化は、江戸文化を支えた、とても華やかな一方で、働かされていた女性たちの境遇はとても厳しいものでした。そういった「光」の部分と「闇」の部分、双方を見ていくことが重要だと思っています。

吉原というと、どうしても風俗街としてのネガティブな印象があるかもしれません。しかし実際に現地を歩いてみると、吉原遊郭の歴史と文化、町の区画が今も継承されていることが伝わってきます。ぜひその歴史を感じに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

参考文献:「吉原今昔細見」(吉原商店街)

今回の街歩き案内人

岡田英之

歴史と文化をこよなく愛し、独自の視点で案内。古地図散歩や浮世絵散歩の案内人として、テレビ出演も多
数。3年間、歩き旅応援舎のガイドとして『星のや東京』などのオプショナルツアーも多数担当。
【著作】『東京街かど タイムトリップ』(河出書房新社/2017)

女性限定 吉原散策ツアー開催

2019年10月5日(土)、女性限定の吉原歴史散策ツアーを開催します。「吉原には行ってみたいけれど、ひとりで行くのはちょっと…」と思われている女性の皆さん、一緒に吉原遊郭の歴史を辿ってみませんか?

開催概要

  • 開催日:2019年10月5日(土)
  • 時間:13時~16時
    【コース予定】
    ・13時 浅草雷門前 浅草文化観光センター集合(12時半受付開始)
    ・13時 散策開始
    (山谷堀公園→見返り柳→五十間道→お歯黒どぶの石垣跡→吉原大門跡→吉原神社→吉原弁財天本宮)
    ・16時 見返り柳まで戻り、現地にて解散予定
  • ガイド:岡田英之氏
  • 募集人数:20名程度
  • 参加費:1500円(税込)※当日受付時に現金でのお支払いとなります。
    【諸注意】
    ※本イベントは参加者を女性限定とさせていただきます。(同行スタッフも女性となります)
    ※当日は歩きやすい服装でご参加ください。
    ※小雨の場合は決行しますが、天候により難しいと判断した場合は変更または中止する可能性がございます。(中止の場合は前日までにご連絡いたします)

※申し込みは締め切りました。

関連記事

年始の恒例行事ともなっている七福神めぐり。皆さまも体験したことがあるかもしれません。実は、この七福神めぐりはとても日本的なもの。今回は、七福神と七福神めぐりの奥深さについてご紹介します。 七福神めぐりの前に!知っておきたい七福神の由[…]

最新情報をチェックしよう!